寄り道日記
趣味のこといろいろ書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初東北の旅【和太鼓ライブ】
2009年6月12日(金)

20時ごろから近くの公民館のようなところでなまはげ和太鼓ライブがある。
ライブ会場までホテルの車で送迎してくれるので、ちょっと早めにロビーに下りた。
ロビーにはお客さんが自由に飲めるお茶を置いてくれてる。
P6123391_20090813195445.jpg
梅昆布茶と昆布茶があったので、梅昆布茶を入れて飲んでたら、
露天風呂でご一緒だった母娘さんがいらっしゃって、声をかけてくださった。
あの、露天風呂毛虫退治で妙な連帯感できたお姉さんですよ(笑)

お風呂では詳しいことは話してないけど、母娘さんは三沢からいらっしゃったらしい。
私は滋賀から一人で来たというと、驚いてた。

一緒にお茶を飲んで喋ってたら、なんだかそのままの流れで
送迎バスにも近くの席に座ることになり、ライブ会場でもお隣に座ることに。

お隣といっても、座席があるわけではなく、床にシートを敷いただけの簡易客席に、
体育座りや胡坐などみんなが思い思いに好きなところに座る。
私達は、ちょうど真ん中の真ん中辺りに座った。
他のホテルの宿泊客も集まっていて、会場はほぼ満員状態。

最初にこのライブの趣旨の説明が。
秋田の伝統行事を守るために、若者達が集って
ボランティアでこのライブを開催してくれてるそうです。
ライブは、なまはげの格好をした奏者が後ろから現れて
お客さんの間を歩き回って登場するらしい。
なまはげのお面は視界がとても狭いのでほとんど見えてないから
みなさんを踏みつけて歩きますが、ご勘弁を、ということだった(笑)
そして、子供をみつけたら子供めがけて迫っていくので
親御さんは泣き叫ぶこと必須のお子様のお守りをお願いします、と(爆)

始まったら2名の奏者が太鼓でリズムを刻む中、3名のなまはげが客席の後ろから登場。
めっちゃ踏みつけられたり乗り上げられたりしますけど(爆)
それもこのライブの醍醐味のひとつと思えば腹も立たない。
むしろ、なまはげ様に踏みつけられたらなんかご利益ありそう(笑)
P6123393_20090813195640.jpg

子供達はその恐ろしい形相のお面に、マジ泣き叫んでますが
これも説明があったので、親は我が子を笑って見てますよ(笑)
周りのお客さんも、子供の本気ぶりに爆笑。
そのくらい、なはまげには迫力があるんです。

そのままステージに上がって、3名のなまはげはその格好のまま和太鼓を。
見た目にもだけど、その和太鼓の音もなんとも力強い。
P6123395_20090813195709.jpg

そして、このパフォーマンス!
P6123402_20090813195729.jpg

なまはげ、かっこいいー

2曲やって、一旦ステージからはけてなまはげのお面を脱いでくると、総勢7名での和太鼓ライブ。
これが、とてもボランティアでやってると思えないバチ捌き・・・
一人一人のソロもあって、個性があってとても盛り上がった。
だいたいは20代後半から30代くらいのメンバー構成のようだったけど、
1人、リーダーの弟さんで高校一年生の子が参加してる。
後継者も育てながら伝統を守ってるんだなー。

ライブはほんとに盛り上がって、たぶんその中でも私のテンションは
あの会場でトップクラスだったんじゃなかろうかね(^^ゞ
和太鼓があまりにもかっこよくて力強くて、でも手が疲れるんだろうなあと思ったら
応援のつもりで私も一緒にずっと手拍子。
リズムがめっちゃ盛り上がってるときには両手で拳を上げて大歓声送ってたし(笑)
明日、筋肉痛になりそう・・・

「お客さんが盛り上がってくれたらアンコールたくさんします」
の言葉に、もちろん「いいぞー!」「もっと!」
と、沢山のアンコールの声もあって、体力の限りを尽くしてアンコールに応えてくれたみなさん。
素晴らしいライブだった!

けども。
力尽きてステージでぜーぜー言いながら倒れそうになってる出演者に向かって、
「あと一曲、ラストー!」
と大声で叫んで、もう一曲アンコールを催促した鬼は、私です(大爆)
なはまげよりも怖い存在(爆)

ライブが終わると、出演者からご挨拶。
大いに盛り上がっていただけてよかった、ということで・・・
ええ、盛り上がりましたよ(笑)
夕食時に日本酒飲んでこっちは出来上がってますからね(爆)
すみませんでした、酔っ払いテンションで無茶をお願いしまして。。

元は、空き地やホテルのロビーを借りてライブをしてたらしいけど、
政府の補助金でこの公民館ができ、和太鼓ライブが常にできる場所を作ってもらえたそう。
でも、建てるときは補助金が出るけど、その後の維持費は出してくれない。
これ、年間使用料が100万円以上するそうです。
和太鼓だって使えば皮も破れたりバチが折れたりもするし、
その修理費だってバカにならない。新しい太鼓を買うにも高いものだから
そう頻繁に買い換えることもできない。
ボランティアでやってることだから経費もなく、グッズ販売の売上金や、
このようなライブでお客様からいただいたおひねりで経費を賄ってるそうです。
「もし、今日のライブを見て良いと思った方は、100円でもいいので
 これから私達が持って回るこの桶にお心付けをくださればと思います。」

おう、100円なんてケチなことは言わねえよ!
十分楽しませていただいたのだし、せめてお札を、と1000円を渡してきました。
これでも安いと思えるライブだったし。

お金を渡すときに、お兄さんに「ほんっとに素晴らしいライブだった!」と伝え、
帰り、各ホテルのバスが迎えに来る駐車場までみなさんがお見送りに
出てきてくださってたので、バスが出るときに窓を開けて
「これからもがんばってくださいねーっ」

一人旅の女がこんな目立った行動とってると、周りにはとっても奇異に見えたと思う。
私もこんなのに出くわしたら、ちょっと関わらないでおこう・・・って
絶対に思うもんなあ(爆)
それに、友達と一緒に旅行だったら、友達に遠慮してこんな行動は取れませんわ(笑)
でも、旅の恥はかき捨て。
私が楽しいと思った気持ちを、今、ここで、彼らに伝えなくていつ伝えるんだ!
きっと、こんな声援の一つ一つがこれからの彼らの活動の活力になるんだから、
私はこんな自分を恥ずかしいとはちっとも思わない。

異端児でも結構です(笑)

でも、いつも見てるライブでは異端児になりきれません(^^ゞ
ほんとはすごく感動したり、楽しんだりしてるんだけどなあ・・・
関連記事
コメント
さすが!
旅先で一人で日本酒という条件はあったにせよ(笑)
そこまで気持ちを解放させてくれたすばらしいライブだったんだな~
というのが伝わってきました(^^)

観光客向けの演奏とかって、
やってるほうも半ばちょっと手抜きじゃないけど
イマイチ熱さ真剣さが伝わってこないものが多いじゃないですか。

すごくすてきな出会いでしたね~☆
[2009/08/14 12:55] URL | ヒガノミドリ #- [ 編集 ]


ほんとに素晴らしいライブでしたよ~。
秋田は元気だなあって思ったライブでした。

滋賀は毎年大津で8月8日に大きな花火大会があるんですが、
今年は土曜日だしいつもよりたくさんの人が見に来るだろうから
賑やかになるなあと思っていたら、なんと8月7日に変更だったんです。
理由が、「土曜だと人出が多くなるから平日にした」
のだそうで・・・
琵琶湖があるにも関わらずただでさえ観光産業が成功してない県なのに、
ダメダメやわ、滋賀は・・・やる気あらへん。
こんな県でがっかりしました。。

秋田の熱い想いが羨ましい(><)
[2009/08/14 22:09] URL | かなえ #BFJTYZbE [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



このブログについて

かなえ

Author:かなえ
●Start:趣味=音楽鑑賞
→ライブに行く
→遠征(旅)に出る
→地元の美味しい料理を食べる
→美味い料理には美味い酒!
→酒の席で友達増える
→見聞が広がる
→趣味が増える
●Goal:私はどこに向かってるの~?

そんな私の寄り道日記です。



カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事



カウンター



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。