寄り道日記
趣味のこといろいろ書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗の九州【知林ヶ島-砂州編】
2010年10月21日(木)

いよいよ今日が鹿児島の旅、最終日。
レンタカーの旅は、時間に縛られないところが醍醐味なんだけど。
今日は時間厳守の予定が一箇所あるので、朝食後は部屋でゆっくりすることもなく
準備でき次第、8時半にはホテルを出発!
向かったのは指宿温泉方面、目指すは知林ヶ島。

知林ヶ島(ちりんがしま)ってナンダ?
ということで、説明しよう!

知林ヶ島とは、鹿児島県錦江湾に浮かぶ周囲約3㎞の小島のことである。

うん。で?その島に何があると?

何があるってわけでもないんですが(ないんかいっ!

 
この島に上陸するには、もちろん船で行くしかありません。
ところが。

大潮の前後数日間だけ、干潮時に数時間程度砂州が現れ、
陸から島まで歩いて渡ることができるのである!
この砂州、毎日現れるものではないし、
強風や雨など天候により海が荒れたら、たとえ砂州が現れても渡れません。
自然の産物ですから、すべては自然任せ。

私が鹿児島を旅していた時期は、4日間だけ大潮の日があって
10月21日は11時前から2時間弱、砂州が現れるという予報が出てたので
“これはチャンス!”と前もっていろいろ調べ尽くした。
その成果(笑)をお見せしましょう。

10時半過ぎ、知林ヶ島の近くの駐車場に到着。
車を停めて砂浜へと向かう小道。
背の低い木のトンネルが南国気分を盛り上げてくれる。
PA210037.jpg

11時少し前に砂州に出ると、すでに多くの人が渡り始めてた。
私も急がなきゃ!気が逸ります(笑)
PA210039.jpg

陸の近くは尖った石がごろごろしてたけど、普段は海面下の砂州に出ると細かい砂の道。
PA210043.jpg

打ち寄せる波が砂の上に次々と新しい模様を描いていく。
PA210045.jpg

砂州を歩きながら見る桜島も素敵。
PA210047.jpg

砂州出現時には市の方かボランティアかわからないけど見張りが何人かいて、
潮の満ち引きの様子を確認しつつ、観光客の安全を見守ってくれてた。
陸側で砂州を渡り始める観光客に「○時までには戻ってくるように」と注意を促す人。
砂州の途中で潮の引き加減や波の様子を細かく観察して安全確認をする人。
知林ヶ島の散策路を見回る人。

砂州を一人で歩いてると、おじさんが記念写真を撮ってくれた。
PA210049.jpg
いつも顔にはモザイクかけるんだけど、今回はサングラスなのでモザイクなしで(笑)
裸足で歩いてたのでスニーカーを持ってますが、
この靴の中に、砂州の途中で見つけた綺麗な貝殻が入ってます(爆)
PA210050.jpg
関連記事
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



このブログについて

かなえ

Author:かなえ
●Start:趣味=音楽鑑賞
→ライブに行く
→遠征(旅)に出る
→地元の美味しい料理を食べる
→美味い料理には美味い酒!
→酒の席で友達増える
→見聞が広がる
→趣味が増える
●Goal:私はどこに向かってるの~?

そんな私の寄り道日記です。



カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事



カウンター



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。