寄り道日記
趣味のこといろいろ書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東日本大震災 1】
2011年3月11日(金)

釧路を10時20分発、羽田に12時55分着の飛行機で東京に向かった私。
羽田空港で大きな荷物を宅急便に預け、1泊分の荷物だけ持って
とりあえず品川まで出ました。

14時半くらいに品川駅の近くで遅めの昼食を摂っていたとき。
P3110197s.jpg

なんだか揺れてる気がする。
ぐるぐると地面が回っているような揺れ方だったので地震とは思わず、
疲れてめまいでもしてるのかと思った。
隣のテーブルで食事中の女性が、「揺れてる?」と声にしたのを機に、
周辺のみんながざわついた。
その瞬間。

ぐらぐらと明らかに地震とわかる、地面がぐらぐらと大きく揺れだした。
すぐに治まるだろうと誰もが避難もせずに様子を見ていたけれど、
揺れはどんどん増幅し、やがて店内の装飾品が棚の上を移動しだした。
落ちる!と誰もが冷や冷やしながら、ガチャン!と割れる音を覚悟し、
陶器の行方を固唾をのんで見ていた。

 
ずいぶん長い間、大きく揺れていた。
陶器は落ちることなく棚の上を移動しただけで済んだ。
揺れが治まっても店内の興奮は治まらない。
「すごい地震でしたね!」
見知らぬ人同士、安心を求めるかのように声を掛け合ってる。

すぐに館内放送が流れた。
「このビルは耐震構造となっているため安全です。外に出ないよう待機してください。」
外に避難するよりこのビルに居る方が安全らしい。
それを聞いて、無暗に飛び出すことを控えて留まる。

まだ食事中だったので、皿に残っている分を完食した。
このときはまだ、携帯の電波の混雑もなく情報にアクセスできた。
ツイッターで、東京は震度5という情報を得る。
大きな地震。
真っ先に思ったこと。
“この規模なら、JRは停まってしばらく動かないなあ”
今夜のホテルは五反田なので、品川から2駅。
回復までに時間がかかりそうだな、と思ったので、JRが復旧するまで
品川周辺で時間を潰さないとダメだな、と思った。

とりあえず大きな地震だったし、親も心配してるだろうと家に一報入れた。
このときはまだ、携帯も通話ができていた。

電話の先の親は、娘のことどころではなかったようで・・・
私の話なんぞ聞いちゃいない。上の空なのはよくわかった。
そんなことより、わーっ、早く逃げな!アカン!あっ!あー・・・」
と、テレビの映像を電話口で実況中継してくれてるのだけど、
感嘆ばかりで何が起こってるのかさっぱり伝わらない。
よくわからないけど、自分はさほど心配されてないことがわかったので
ならいいや、と思って電話を切った。

JR復旧まで1時間?2時間?どのくらい時間がかかるかわからなかったけど、
遅くても夕方には動き始めるだろうと思って、ビル内の他の店で
ウィンドショッピングしながら時間を潰す。
店員さんと「大きな地震でしたね。JR停まってるでしょうね。」
なんて会話もしていた。
みなさん、帰るに帰れない状況だからとりあえず営業は続けてる。
ビルの空調や電気には影響がなく、営業継続が可能な状態だった。
だから、余計に危機感がなかった。

どのくらい危機感がなかったかって?
とりあえずJRが動かないことには私もどうしようもないし、
ビルの人も帰れないから閉店までは営業してるわけだし、
どうせ暇だから、マッサージでも受けとくか・・・と、
足つぼマッサージの店で60分コースの施術を受けました。
ハードな旅で疲れもたまってたし、体がずいぶん楽になった。

ちょっと慌てたのは、ビル内のトイレと公衆電話がちょっとした行列になってたのを見たとき。
携帯は、まったくつながらない状態になっていた。
ホテルのチェックイン予定時間を大きく遅れそうだったので
ホテルにも連絡した方がいいと思ったけど・・・
携帯がつながらないのでは、公衆電話に並ぶしかない。
20人くらいの列に並び、どうにかホテルへの連絡がついた。
「どんなに遅くなっても必ず行くので、キャンセルにしないようお願いします」
これを伝えておいて、本当によかったと後から思った。

夕方。今日は平日。通勤帰りの人で混雑する時間。
さすがに電車も動き始めたかな?と
ビルの窓からから品川駅方面を確認しようとして、唖然とした。
P3110198s.jpg

駅前の大きな道路が、車と人で真っ黒。
JRが復旧してないことは一目瞭然。
タクシーを利用しようとする人の多さもさることながら、
駅を出発したタクシーがまったく動けない状態。
車道も歩道も区別なく、車も自転車も人もみな道一杯に溢れ返ってた。

これはただ事ではない。
もう一度家に連絡しようと思ったけど、公衆電話の行列はさっきの比じゃなかった。
いつ電話にたどり着けるかわからないほどの行列。最後尾が見えない。
携帯が普及してからどんどん公衆電話の数が減り、今ではとこにあるのか
探さないと見つからないくらい、見かけることもなくなったし、
駅にあるのは知ってるけどそれ以外でどこにあるかなんて意識もしてなかったから
この日ほど公衆電話を意識した日はなかった。
関連記事
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



このブログについて

かなえ

Author:かなえ
●Start:趣味=音楽鑑賞
→ライブに行く
→遠征(旅)に出る
→地元の美味しい料理を食べる
→美味い料理には美味い酒!
→酒の席で友達増える
→見聞が広がる
→趣味が増える
●Goal:私はどこに向かってるの~?

そんな私の寄り道日記です。



カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事



カウンター



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。