寄り道日記
趣味のこといろいろ書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初東北の旅【道民より詳しい】
2009年6月10日(水)

社長さんとクルマ屋さんが帰った後、私の左隣に座ってたおじさんが話しかけてくれたので
今度はこちらのおじさんとお話を(笑)
私がよくひとりであちこち旅行するって話をしてて、
「主に北海道が多いですけど」って言ったら、おじさん、札幌出身らしい。
今は仙台エリア担当で単身赴任してるんだって。


「北海道は、どこに行った?」って聞かれて
「有名どころはけっこういろんなとこ行きつくしてますよ。」と答えたんだけど、
例えば釧路に行ったことがあるという話をすると
「釧路なら湿原見たかい?」
「ああ、行きました。」
「のろっこっていう電車から湿原が見えるんだよ。」
「ですね。乗りました。」
「ああ、乗ったの?あの蛇行した川をカヌーで下ったりできるよ。」
「はい、下ってきました(笑)」

帯広に行ったことがあるという話をすると
「近くに十勝川温泉があるよ」
「観月苑に日帰りで入ってきましたよ。」
「六花亭の本店は?」
「行きました。直営店しか食べられないパイ美味しかったです!」
「豚丼が有名だけど」
「ええ、でもぱんちょうは食べたことないんです。新橋が美味しかった。」
「ぱんちょうはイマイチだな。新橋、うまいね。ジンギスカンは食べた?」
「ええ、有楽町行きましたよ~。1人で食べてきました(笑)」
「えっあの店に1人で入ったの?!」

観光パンフレットではほとんどお目にかからない美幌峠の話とか
どの地名を出されても「そこ行ったことありません」って言わないし(爆)
しかも本気で情報量が多いので北海道出身のおじさんにすら
「ほんとに北海道に詳しいなあ!俺よりよく知ってるね。」
と言わしめてしまったのでした(爆)
そりゃこっちは観光で行くんだから、必死にいろいろ調べて行きますもん(笑)

おじさんも山水の常連さんらしくて、
「なんでこの店に入ろうと思ったんだ?」って聞かれた。
私みたいに一見さんで女性のお一人様が気軽に入れる雰囲気では・・・ないのかな?
めっちゃ気軽に入ったけど(爆)
(それは、中身がおっさんだからでしょう)
ホテルで3軒紹介されて、それぞれの店構えを見てここに決めたと言ったら
女将さんも混ざってきて、「店構えで何が違いました?」と。
そりゃ気になるわね、店の人はね(笑)
私の主観だけど・・・と前置きして、
・店周りが小奇麗に手入れされていた
・暖簾、看板が上品だった
・引き戸は閉まって中の様子は見えないけど中の様子が想像できた
・店の前に数台自転車が止まってて、まあまあ流行ってそうだった
そんなところを見て総合してここに決めたんだと答えた。
中でも一番の決め手は、暖簾かな。
上品な暖簾だったから、美味しいお酒が飲めそうに感じたんだと・・・
「私の勘がそう申しておりました」(爆)
まったく何の参考にもならない意見だけど(笑)

でも、暖簾は女将さんが特にこだわって決めたものらしいので、
その暖簾を見てこの店に入ろうって決めた客がいたことは、とても喜んでおられた。

そして。
山水さんで発見!!!
P6103081.jpg

六舟~♪
これ、私がいつも、帯広の『居酒屋 秋田』で飲んでる日本酒。
ほら、このお酒置いてる店に悪い店はないって(笑)
関連記事
コメント

すばらしい!あなたはまぎれもなく
ドーミンです。凄すぎるぜ。
六船旨いよね。
日本酒好きおおいに結構!
[2009/08/04 14:28] URL | #- [ 編集 ]


ドーミンを名乗るにはまだ時期尚早。
雪見て「わーいv-343雪だるまv-276」って喜んでるうちは
ドーミンは名乗れないです!
[2009/08/04 23:38] URL | かなえ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



このブログについて

かなえ

Author:かなえ
●Start:趣味=音楽鑑賞
→ライブに行く
→遠征(旅)に出る
→地元の美味しい料理を食べる
→美味い料理には美味い酒!
→酒の席で友達増える
→見聞が広がる
→趣味が増える
●Goal:私はどこに向かってるの~?

そんな私の寄り道日記です。



カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事



カウンター



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。