寄り道日記
趣味のこといろいろ書いてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初東北の旅【金色堂】
2009年6月11日(木)

気仙沼を出発して、ここからちょっと移動距離がある。
一関まで一気に走って、そのまま今日は宿かな?
と、計画段階では思ってたけど、一関にも予定よりかなり早く着いたので
明日に行くつもりしてた中尊寺と毛越寺を先に回ってしまうことにした。

明日のスケジュールがいちばんきつい。
移動距離が半端ないの(笑)


雨の気仙沼から一関に来た頃にはすっかり雨も上がり、
毛越寺の駐車場に着いたときには青空が見えてきた。
4時ごろだったので観光客もほとんど帰ってしまって、
雨上がりの雫が木々の葉っぱにきらきらしてて、日本庭園にもまた違った風情が。
P6113146.jpg

水を吸った緑がほんとに綺麗だった。
P6113135.jpg

杉の木も立派だわー。
P6113159.jpg

毛越寺は建物がほとんど焼き尽くされていて『○○跡』って立て札があるだけ。
その周りを庭園が囲んであり、庭は復活できたんだけど・・・
焼かれず残っていればもっと価値があったのになあ。
焼失を免れた数少ない建物。
P6113145.jpg

続いて、すぐ近くの中尊寺へ。
拝観が5時までで、4時45分くらいに駆け込みギリギリでチケットが買えた(笑)
庭だのなんだのは後で見れるので、まずは金色堂へ。

知らなかったのだけど、金色堂は大きな蔵の中に保護されてて、
野外に直接建ってるわけではないのだね。
金箔だから盗難とか雨風にさらされてると傷みが激しいとか
いろんな事情があるにしても・・・

金色は確かに美しかったけど。
これが外の緑の中にあるから映えるのであって、
保存のためとはいえこの状態では・・・なんか残念(笑)
世界遺産登録に申請もしてるらしいけど、
外にあればそれも可かもだけど、この状態では無理と思われる。。
P6113160.jpg

撮影禁止だったので、外から撮ってみましたが。
この建物の中に、金色堂が入ってます。
扉から見えてる黄金が、金色堂の一部です。

金閣寺みたいたことを想像してたので、金色堂そのものにはちょっとがっかり(笑)
実物を見たという気持ちよりは、美術館にある精巧なミニチュア模型を見たとか、
なんかそんな感覚だったんだよなあ・・・
だけど、細工がとても細かくて芸術品であることには間違いない。
金色堂の周辺に能楽堂みたいなんがあって、そっちの方が風情あったわ。
門構えからなんか存在感ある。
P6113167.jpg

庭も、無造作に見えて実は緻密な計算がされてるんだろうなあ。
侘寂の美しさは、落ち着くわー。
P6113168.jpg

関連記事
コメント

風流だ!
日本庭園は世界に誇れる!
茶が飲みたい。
座禅くみたい。そんな気分。
[2009/08/04 14:07] URL | #- [ 編集 ]


本物のばーちゃんになったら、こんな庭のある家で余生を送れたら。。
なんて思って、現実的に考えたら、出家して寺に篭るくらいしか方法が思いつかなかった(爆)
まだまだ煩悩だらけで出家なんて到底無理な、精神的若造です(^^ゞ
[2009/08/04 23:59] URL | かなえ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



このブログについて

かなえ

Author:かなえ
●Start:趣味=音楽鑑賞
→ライブに行く
→遠征(旅)に出る
→地元の美味しい料理を食べる
→美味い料理には美味い酒!
→酒の席で友達増える
→見聞が広がる
→趣味が増える
●Goal:私はどこに向かってるの~?

そんな私の寄り道日記です。



カレンダー

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事



カウンター



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。